本の表紙の重要性

小説はいつも、カバーをかけて読んでいます。読了するとそれを外すのですが、たいていは、この本はこんな表紙だったのか、と驚きますね。長年間に、何度も読み直して愛読したもの以外、どんなデザインだったか忘れてしまっているからです。今回読み終えたものも同じ感想を抱きました。しかし同時に、内容のイメージが凝縮されていることに、関心もしたのですよ。話を知っているからこそわかる感動というのでしょうか。
それを書棚に並べて背表紙を見たときは、とても安心します。これでやっとこの本を全部読み終えた、このストーリーを、胸に置いておくことができる、と思うのです。店頭で購入する時のみならず、手に入れた後もこうして目を引き付けるなんて、表紙ってすごい。カバーをつけるのが日常になるまで、まったく気がつきませんでした。
おかげで今は、本棚を眺めるのが半ば趣味のようになっています。内容を思い出し、読んでいた時の気持ちに再度触れて、どきどきするんです。自分は単純だなと思いつつ、この幸せを満喫しています。何せ、新刊を買う必要がないので、お金もかからずお手軽なんです。次に素敵な出会いもするまでは、しばらく、書棚を眺めて楽しんでいようと思います。

資格本・参考書を安く買う方法

資格の本とか参考書を安く買いたい!そんな人におすすめの方法があります。こうした専門的なものって普通に買うとけっこう高いですよね。私も買ったことがありますが、1冊1000円とかすることがあって、それなら小説が欲しいなってよく思っていました。でも、友達から言われた方法で購入するようになって、お金を節約できるようになりました。とはいってもそんなに難しいことではありません。購入場所を工夫するだけです。普通の書店だと定価なので、安く入手したいなら古本屋に行きましょう!ただし、普通の古本屋ではなくて、学生街にあるお店に行ってくださいね。学生街にある古本屋に行くと資格関係のものや、参考書などがかなり充実しています。しかも、学生さん向けに販売しているのでお値段も安い!大手の古本ショップよりもお得に購入できることが多いので、ぜひ試してみてください。
でも、ちょっと気をつけて欲しいことがあります。資格や参考書を買う時は、できる限り新しいものを選んでください。なぜなら内容が変わっていて、使い物にならないことがあるからです。私もそれで失敗したことがあります。購入したのものがかなり古かったので、今と内容が変わっていて、間違った知識を身につけてしまったことがあるので、みなさんは注意してくださいね。

友達のオークションで小説を買った失敗談

最近、友達がネットオークションで小説を買ったみたいですが、ちょっとトラブルがあったようです。もっときれいな状態を想像していたみたいで、届いた本を見てビックリしたと言っていました。「ちょっとくらいなら良かったけどこれはないなぁ」って嘆いていたのを見て、ネットオークションで買い物をする時はやっぱり慎重になった方がいいと改めて思いました。特に気になったのはニオイみたいですね。タバコのニオイがすごくて、開く度にすると言っていました。友達はタバコのニオイが本当にダメです。だから一緒にご飯を食べに行く時は絶対に禁煙席に座るようにしています。たしかにタバコ臭がすごいのは厳しいかもしれませんね。
ネットオークションで本を買う時は、ちゃんと状態を詳しく説明してもらってから入札した方がいいですよ。相手は「信用できないの?」って思うかもしれませんが、私はどんなに安くてもなにかあったら嫌なのでそうしています。たとえば、「匂いはしませんか?」「ヤブれはないですか?」「シミはないですか?」ってことを聞くようにしているので、あんまり友達みたいなトラブルにあったことはないです。これは他の商品にも言えることなので、買い物をする際はこのくらい慎重になった方がいいと思います。

読書意欲を向上させるアイテム

読書意欲を向上させたい時におすすめのアイテムがいくつかあります。私も欲しいなぁって思っているのが、ちょっと高めのリーディングチェア!絶対にあったら今よりも快適な読書ができると思います。ただ、いいものになるとお値段がね。10万円くらいするからなかなか買えずにいますが、いつか余裕ができたら置きたいです!もっと手軽なものだと、しおりがおすすめ。今のしおりってすごいんですよ。おしゃれな商品がたくさんあって、持っていると本を読むのが楽しくなります。買うのはもったいないという人は、自作するのもいいと思うし。
あとは定番ですがブックカバーかな。ブックカバーにこだわると読書意欲は、かなり向上するはずです!私もこだわるようになって、以前より本が好きになりました。お風呂の時間を有効に活用したい人におすすめなのが、防水タイプのブックカバーです。これがあれば、入浴中でも小説が楽しめます。ただし、気をつけて使わないと破れてしまって、小説が水浸しになるので要注意!安物だと破れる危険があるから、少し高めのものを買った方がいいかも。最近、本を手に取ってもテンションが上がらない人は、こうしたアイテムを試してみるのもいいのではないでしょうか。

サインをもらいそびれてガッカリ

いつも行く本屋で作家さんのサイン会をやっていたそうです。私としたことが大事な情報を見落としていました。大好き!ってほどではないですが、その人の作品はけっこう持っているので、もらえるなら私も欲しかったです。のんびりと服を見ている場合ではなかった!しかも、いい服はなかったし。最初は本屋に行く予定でしたが、なんとなく服が欲しいと思って色々なお店を回ったのが失敗でした。あそこですぐに終えて、予定通り本屋に行っていればサインをもらえたかもしれないのにな。ちょっとしたタイミングでゲットできなかったのが余計に残念です。
そういえば、友達は上手くゲットしたいみたいですよ。たまたまそのお店に行ったらイベントをやっているのを目撃して、運良くもらうことができたそうです。いいなぁ!うらやましい!ちなみにその友達は価値をあまり分かっていないのが残念。そんなに小説が好きではないので、どんな作家さんなのかもよく分かっておらず、なんとなく有名人がいたから書いてもらったと言っていました。でも、最近その作家さんの作品を読んでみたら面白かったとも言っていたので、もしかするとファンになってくれるかもしれません。ファンになってくれたら私も嬉しいです。

古本はしっかりと確認してから購入しないとね

この前、時間がなかったので、慌てて古本を買ったら久しぶりにやってしまいました。帰宅して買った本をペラペラめくっていたら、数ページ抜けていたのです。しかも最後の方なので大きくストーリーに関係しています。さらにところどころ、汚れもあったのでテンション下がり気味。いつもはちゃんと確認してから買うのでこうした失敗はありません。ただ、その時は本当に慌てていたのでチェックを怠ってしまいました。それでも50円だったからあまり文句は言えませんね。
みなさんも古本を買う時はきちんと状態をチェックした方がいいですよ。特に激安の商品は。キズや汚れがあるから安くなっていることが多いので、「すごく安い!」と思った時は必ず確認をしてください。基本的に古本は返品できないことが多いですし。あと気をつけたいのがオークションやフリマで買う時です。フリマならまだその場で確認できるので、まだいいですがオークションだとできません。出品者に聞かないと分からないので、落札前に質問をした方がいいです。オークションもノークレーム、ノーリターンが基本だし。私もこれから今以上に気をつけたいと思っています。どんなに慌てていてもしっかりとチェックします。安かったし、今回いい教訓になったので、良しとしましょう。

立ち読みで時間を潰す

誰かと待ち合わせて先についた場合、私はその時間を立ち読みに使っています。本屋がなかったらコンビニで立ち読みして、時間を潰すことが多いです。その場で相手が来るのをじっと待っていると暇じゃないですか?そもそも待ち合わせ時間に来ない可能性もあるし。たまにいませんか?必ず遅れる人が。そんな人と待ち合わせする場合は本屋の近くで会うことにしています。そうすれば、1時間でも2時間でも時間を潰せるので楽ですよ。こっちも楽しいのでイライラしませんし。前なんて3時間ちょっと待たされたことがあります。あの時ほど本屋が近くにあって良かったと思ったことはありません。お店の人からすると迷惑かもしれませんが、お金を使わずに時間を潰せるので立ち読みだけはやめられません。
最近なんて椅子やソファまで用意している本屋もありますよね。こういった書店は本当に助かります。ずっと立っていると足が辛くなるので、椅子やソファがあるとラッキー!って思います。ただ、あまり長時間座っていると図々しい気もするので、そんなに長い時間は座らないようにしているけど。特に人がたくさんいると長時間座るのは気がひけます。長くて30分くらいかな。そのくらいで他の人に譲るようにしています。

ふとした疑問

最近の手帳って、すごくいろんな種類があるんですね!毎年同じ手帳を買っていたのでまったく知らなかったんですが、本屋さんの手帳コーナーを見て驚きました。
手帳って言うと、年末とか年始に新しいものを買うっていうイメージでしたが、最近のものは1月始まりだけじゃなく4月始まりや10月始まりなど色んなタイミングにあわせて切り替えることができるようです。1月と4月はわかるんです。新年や新学期新年度の折にあわせて切り替えるって言うことですよね。学生さんやサラリーマンだと、年の変わりよりも年度の変わりの方が重要だったりしますもんね。でも、10月からっていうのはどうしてなんでしょう?
調べてみると、4月が新年度という区切りになるのは日本独自の習慣なのだそうです。海外では10月で年度が切り替わるところもあるらしく、最近は海外指標で動く会社や個人も多いからでは、という意見を見つけました。なるほど、確かに海外の学校って夏のバカンスが終わったら新しい学年になったりしますもんね。
他にも、1月から新しいものを使うにしても、ギリギリに用意していたのではいざ使おうと思ったときにすぐ使えないからという意見もありました。10月始まりのものはたいてい翌々年の3月頃までスケジュールページがあるので、早めに用意しておいて任意のタイミングで切り替えて使うことができるのかもしれませんね。
色んな生活スタイルの人がいるだろうから、それに合わせているということなんですね。手帳メーカーさん、あっぱれ!

大人になって絵を描くことの面白さに気がついた!

私の職場には絵を描くことが好きな社員が多くいます。クリスマスパーティーや忘年会などの会社での行事があるときには大きなカンバスを用意して、お酒を飲みながら料理をつまみながらみんなで絵を描いて盛り上がります。描く絵に指定やテーマはないので各自が思うままに好き放題に絵を描いていきます。上手下手は関係ないのでみんなが参加出来ることができて毎回とても盛り上がります。私はもともと絵心がなく自信が全くなかったのですが、そこで初めて久々の絵を描くという作業がとても楽しいと感じました。
絵を描くとき、最初は絵の具と筆で描くのですが、次第に楽しくなると手に直接絵の具をつけて描いたり、黒板のチョークを使ってみたりと使う道具も変わって行くし、出来上がる絵も大胆な色や形や大きさになっていくのがおもしろかったです。小学生や中学生の時は上手に描くことだけしか考えていなかったので、その楽しさがあまり分かっていませんでした。その気持ちで大人になってからも絵を描くことに苦手意識があったのですが、大人になってからようやくおもしろさに気づけました。
それからは自分で画用紙と絵の具を購入して、時間があるとき絵をかくようになりました。上手に描くことではなくて自分の好きなままに描くことをしています。またひとつ趣味が増えたので嬉しいです。

選ぶ本の思考の変化

私は読書が好きでよく本を読んで言いますが、最近好みが少し変わってきたように感じます。読みたいと思う作品や面白いと感じるものがちょっと違うのです。
わりと中学生くらいから、やや難しい小説や真面目なものが好きでした。たとえ理解出来なくても読むことだけで十分というような楽しみ方をしていて、どちらかというと楽しむよりも自分自身に知恵や知識を与えるために読んでいた気がします。話題だから読まなきゃとか、好きな作家の作品だから読まなきゃとかそんな風に読む本も選んでいたのだと思います。
それだからなのか、1冊を読破することがとても大変で疲れることがありました。今思えば面白いと思っていなかったのだと思います…。それでも読書は好きで続けていましたが、最近はそういった本ではなくて、心から自分が面白いと思うものを読むようになりました。笑い要素があるものや、ギャグっぽいものなども今までは読まなかったけど最近はとても面白いと感じています。
とにかく読書=娯楽に捉えるようになったのだと思います。昔はきっと読書=勉強のように捉えていたのでしょう。今更ながら、本当に読書を楽しむ方法を見つけられた気がしています。これが本を楽しむということなのかなと感じます!作品の幅も広がって今後ますます本を読むことが楽しみです。