選ぶ本の思考の変化

私は読書が好きでよく本を読んで言いますが、最近好みが少し変わってきたように感じます。読みたいと思う作品や面白いと感じるものがちょっと違うのです。
わりと中学生くらいから、やや難しい小説や真面目なものが好きでした。たとえ理解出来なくても読むことだけで十分というような楽しみ方をしていて、どちらかというと楽しむよりも自分自身に知恵や知識を与えるために読んでいた気がします。話題だから読まなきゃとか、好きな作家の作品だから読まなきゃとかそんな風に読む本も選んでいたのだと思います。
それだからなのか、1冊を読破することがとても大変で疲れることがありました。今思えば面白いと思っていなかったのだと思います…。それでも読書は好きで続けていましたが、最近はそういった本ではなくて、心から自分が面白いと思うものを読むようになりました。笑い要素があるものや、ギャグっぽいものなども今までは読まなかったけど最近はとても面白いと感じています。
とにかく読書=娯楽に捉えるようになったのだと思います。昔はきっと読書=勉強のように捉えていたのでしょう。今更ながら、本当に読書を楽しむ方法を見つけられた気がしています。これが本を楽しむということなのかなと感じます!作品の幅も広がって今後ますます本を読むことが楽しみです。

月に一度は大掃除

基本的に家事は全般的に好きでよくやりますが、その中でも掃除が特に好きです。年末だろうがどんなときだろうが大掃除をよくします。その大掃除も、この日にやろうと意気込んで取りかかるのではなく、なんでもないときに収納の中の洋服等を探していて、少しずつ奥のものを出してきてきれいに入れ直したり整理をし始めるうちに、気がつけば大掛かりな大掃除になっているのです。なので夜中にいきなり大掃除を始めたりすることもしょっちゅうあります。
大掃除の度に私はたくさん不要なものを捨てて行くのですが、もとから荷物が多いのでなかなか減っていきません。捨てていいのか悩むものが取扱説明書や過去の公共料金の領収書等…。みなさんどうされているのかとても気になります。あとは前までは気に入って着ていた洋服やバッグなどはしばらく捨てずにとっておくのですが、もう使わなくなって2年ほど断ったら捨ててしまいます。このままとっておいてもきっと使うことはないと判断したものはスパッと捨ててしまわないと、もっと荷物が増えてしまうので気をつけているところです。
大掃除をすると家の中が片付くのはもちろんですが、自分の中もスッキリさっぱりするのでとてもおすすめです。年末に限らずに月に一度の大掃除は私の日課になりつつあります。

美味しいものを美味しく感じたい

私は小さいときからファーストフード店に行ったことが数えるほどしかありませんでした。元々の母親の嗜好や考え方もありますが、小さいころ私にファーストフードを食べさせてもあまり食べなかったし、好んでいなかったと母は言っていました。ファーストフードよりも、近所にある昔ながらのパン屋さんのパンを買ってもらう方が何倍も喜んで食べていたというのです。我ながら小さいときから味覚をきちんと理解できていて、体に良いものを好んでいたのはすごいなと思いました。
基本的に今でも味の濃いものはあまり得意でなく、素朴な味付けのものが大好きです。なので小さいときに、お友達にもらった外国のお菓子等は見た目がかわいくていいなあ、と思ったことはありましたが食べてみたらとても好きになれずに、やはりお母さんがつくるお菓子とか、近所のパン屋さんのパンが好きでおやつはそういったものを好んで食べていました。そのまま大人に成長した感じなので、その好みは今でも続いています。
子供はみんな、おもちゃ付きのお菓子が欲しくなるしそれはそれで買ってあげても良いのですが、結局は美味しいものを美味しいと思えるように成長していくのが一番理想だと思いました。

家族温泉旅行

先日、温泉旅行に行ってきました。母と姉との3人です。
初めての伊香保温泉でした。草津など群馬の温泉は他にも行ったことはありましたが伊香保は今回が初めてです。東京からツアーバスに乗って3時間ほどで到着!東京都はやはり空気が全然違っていてきれいでした!冷たさが体に突き刺さるような感じでした。それもまた清々しくて旅行の醍醐味です。温泉旅館は大きな旅館で、温泉もお料理もとても満足できるものでした。伊香保といえばあの石畳の階段がありますが、その石畳階段の端には玉こんにゃくが売られていたり、昔なつかしの駄菓子屋さんがあったりと子供からお年寄りまでが楽しめるような観光地だなぁと感じました。
夜は旅館の部屋で女3人でお酒を飲みながらいろんな話をします。最近仕事はどう?彼氏はうまくいっているの?などなど、久々の母の積もる話も聞いて、また来年も元気に温泉旅行に来れるようにしようね、と約束をします。年に一度はいまでも家族旅行に行っていますが、今年も無事に旅行に行くことが出来て親孝行できたかな?とちょっぴり感じました。母が喜んでくれて嬉しかった!

中学生の恋

中学生の頃、好きな男の子がいました。その子は休み時間によく本を読んでいて、そこもまたすごく魅力的で、好きなところでした。
彼の好きな本を私も読んでみようと思い、『どんな本を読んでいるの?』と聞いてみると金城一紀というこたえが返ってきました。金城一紀…?私はそのころ金城一紀を知らず、もちろん読んだこともありませんでした。図書館に行っても金城作品は見つからず、本屋さんまで探しに行きました。どんな作風なのか、ジャンルも分からないまま手に取った作品は『レボリューションNo.3』というものでした。高校生の青春ものですが、そのころの私にはとても新鮮で、続編の『Fly,Dady,Fly』と『SPEED』も一気に読み進めました。とてもおもしろくて夢中になっていたのを今でも良く覚えています。
そのころは大好きな男の子がこんな本読んでるんだなぁ、という憧れからの真似事から始まった金城一紀ですが、一気にファンになりました。それからも『映画編』『対話編』『GO』など、あらゆる作品を読みました。一見男臭くて女子的ではなかたけれど、そこから男の青春みたいなものの素晴らしさが分かった気がしました。結局今では”女子的”な作品よりも”男臭い”ような作品の方が大好きになりました。
あのときの彼は私の読書人生に大きな影響を与えてくれました!

ここ最近の週末

最近次から次へと予定がたくさん入って、もう頭の中が混乱してしまいそうです。 なんだかここ数か月、懐かしい友達から急に連絡が来ることが多くて、結婚の報告だったり、出産の報告だったり、特に何も変わったことはないけどふと思い出して連絡してくれたり…。当然嬉しいですし、懐かしい話もしたいし会おうよ!という流れになるんですよね。もちろん私のよていもありますし、相手の予定もあるので、すぐに会えるとも限りません。最短の場合は翌日に会えちゃったりするんですけど、予定が合わないと翌月以降になることもあるんですよね。
なんだか最近ラッシュで連絡が来るので、懐かしいから会おう会おうと約束をしまくっていたら、気づいたら毎週末出かける予定ばかり(笑)嬉しい悲鳴ではあるんですが、何ともめまぐるしい気分です。誰といつ何時にどこで約束したのかを忘れないように、約束したらその場で手帳にメモをするようにはしているんですが、いつかポカをやらかしそうでちょっと怖いです。それに、何よりも週末の癒しだった読書タイムが地味に削られているのが悲しいんですよね。読書もしたいし、友達とも遊びたい。うーん、欲張りなんでしょうか?週末だけ一日24時間以上あればいいのにと思ってしまいます。

見知った街の見慣れない風景のなかで見つけたもの

遠回りをするのって、心にも体にもいいんだなあって思います。と言うのも、最近ちょっと買い物に行くときにもわざと遠回りするようにしているんです。きっかけは、運動不足の解消と、友達がカメラを始めたというので私もスマホでちょっと写真を撮ったりするのにハマっているというただそれだけなんです。もう見慣れたと思っていた風景でも、角度がかわったり、写真を撮ろうと思ってきょろきょろして歩いてみると、案外知らない一面を見せてくれたりすることもあるんだと気づいて、なんだかわくわくします。
私の家の周りの人が大らかな人が多いのか、庭に植えてあるお花の写真を撮らせて頂きたくて声をかけると気さくに話相手になってくれたりします。最近はこうやって近所の人と話すことも少なくてね、なんていうお年寄りの方も多くて、引っ越してきても挨拶もしない人も多いから…なんて言われると私も耳が痛い思いです。
お散歩中のわんちゃんも、見慣れた景色を染める夕日も、なんだか心を綺麗にしてくれるような気がしてとてもいとおしく思えてきます。あ、そうそう、今まで歩いたことがない路地に入ってみたら、個人経営の古本屋さんを見つけたのも収穫でした!おじいちゃんが一人で趣味でやっているそうで、お店に入ったら「お姉さんが気になるような本は無いと思うよ」と言われてしまいましたが、お話していたら仲良くなってお茶まで出してもらってのんびりしてしまいました。最後は「また来てね」なんて言われて、お気に入りスポット一つ追加です。

加齢とともに失われていく食欲

最近というかここ数年で、がくっと食べる量が減ってきました。もともとは大食いを売り(何の売りなの?)にしているくらい大食いで、そこらの男の子には負けないくらい食べていたんですけどね…。学生時代にはスポーツをやっている男友達と一緒に同じ量のご飯を食べてたし、社会人になってからも飲みの席でお酒が飲めない(弱いので)分とにかく食べる!を心情にしていたくらいです。なのに、めっきり食べられなくなりました。
先日、5年ぶりに会った友人と食事に行ったんですが、「足りるの?大丈夫?おなかすかない?」と何度も聞かれてしまいました。もうそんなに食べれないんだよと話すと、なんだかものすごくショックだったようです。私=よく食べるというイメージで、何を出してもペロッと気持ち良く食べきるところが好きだったのだとか。なんだかなあ(笑)それこそ、その人とよく遊んでいたころはいつも何かしら食べていたような記憶もあるし、鞄の中はおやつと食べ歩きの本でいっぱいだった記憶もあります(笑)食べ歩きに行こうよって誘って、歩いている間も何かしら食べていて唖然とされたのも覚えています。
別段体調を崩して食べられなかった時期があったとかでもないのに、急に「もういいや」という気持ちになったので自分でも不思議です。これが年を取るっていうことなのかな、と二人で笑いました。

お気に入りのしおり

しおりって、読書には欠かせないアイテムの一つですよね。読書好きな方ですと、気がつくと数が増えている、なんてこともあるのではないでしょうか。
一口にしおりといっても、いろいろな素材がありますね。私の持っているものですと、竹製のしっかりしたものから、おそらく一番メジャーであろう紙製のもの、昔ながらの押し花を使ったものや、プラスチック製の丈夫なもの、七宝焼きや漆器などのちょっとゴージャスなものなど、本当にさまざまです。
遊び心のあるものですと、本に挟んだときにもがき苦しんでいるように見える紳士の形をしたものなどがあります。見た目はちょっとかわいそうですが、実はかなりお気に入りだったりします。金属製なので丈夫ですし、本を開いたときにちょっとしたレスキュー気分を味わえます。その彼を再び本に挟む大悪党もまた私なのですが、愛用の証ということで、本人(本しおり?)にはお目こぼしいただいているつもりです。笑
お気に入りのしおりを使いますと、何となく気持ちがウキウキしますね。好きな絵柄、好きな素材、好きな手触り。指に挟んで、もてあそびながら本を読むと、読書の楽しさも二倍になります。我が蔵書同様、これからもまだまだコレクションを続けていけたらなと思っています。

大空を翔る青い翼

昨年のことですが、軍事オタクの友達が自衛隊基地で開催される地元住民との交流イベントに行こうと誘ってきたので一緒に遊びに行って来ました。航空ショーというものを初めて見たんですが、轟音と迫力に圧倒されてしまいずっと「すごいすごい」と繰り返していました。陸上展示では航空機はもちろん、軍用の輸送車なども見ることができて、今まで興味が無かった私でもちょっと興奮してしまうくらいの熱気でした。
また来年もあるなら一緒に来たいねと約束して別れ、それからその友達からはしばらく連絡が来なかったんですが、今日なんとその友達から一冊の本が届きました。それが、ブルーインパルスの写真集(笑)私がショーの間ずっとかっこいいとかすごいとか言っていたからなのか、わざわざ買って送ってくれたみたいです。お礼の電話をすると、これをきっかけに興味を持ってもらえたら嬉しいといわれたので、それは要検案事項ですねえと返しておきました(笑)
知らないものに触れるのは、もちろん大好きです。自分の狭い世界の中だけで生きていくのはつまらないですから、どんどん世界を広げていろんなことを知ってチャレンジしていきたい!叶うかどうかは別として、いつかブルーインパルスに乗ってみたいなあ~。もちろん、飛ばなくていいのでタキシングくらい味わえたらいいなあなんて思ってます。