お気に入りのしおり

しおりって、読書には欠かせないアイテムの一つですよね。読書好きな方ですと、気がつくと数が増えている、なんてこともあるのではないでしょうか。
一口にしおりといっても、いろいろな素材がありますね。私の持っているものですと、竹製のしっかりしたものから、おそらく一番メジャーであろう紙製のもの、昔ながらの押し花を使ったものや、プラスチック製の丈夫なもの、七宝焼きや漆器などのちょっとゴージャスなものなど、本当にさまざまです。
遊び心のあるものですと、本に挟んだときにもがき苦しんでいるように見える紳士の形をしたものなどがあります。見た目はちょっとかわいそうですが、実はかなりお気に入りだったりします。金属製なので丈夫ですし、本を開いたときにちょっとしたレスキュー気分を味わえます。その彼を再び本に挟む大悪党もまた私なのですが、愛用の証ということで、本人(本しおり?)にはお目こぼしいただいているつもりです。笑
お気に入りのしおりを使いますと、何となく気持ちがウキウキしますね。好きな絵柄、好きな素材、好きな手触り。指に挟んで、もてあそびながら本を読むと、読書の楽しさも二倍になります。我が蔵書同様、これからもまだまだコレクションを続けていけたらなと思っています。

大空を翔る青い翼

昨年のことですが、軍事オタクの友達が自衛隊基地で開催される地元住民との交流イベントに行こうと誘ってきたので一緒に遊びに行って来ました。航空ショーというものを初めて見たんですが、轟音と迫力に圧倒されてしまいずっと「すごいすごい」と繰り返していました。陸上展示では航空機はもちろん、軍用の輸送車なども見ることができて、今まで興味が無かった私でもちょっと興奮してしまうくらいの熱気でした。
また来年もあるなら一緒に来たいねと約束して別れ、それからその友達からはしばらく連絡が来なかったんですが、今日なんとその友達から一冊の本が届きました。それが、ブルーインパルスの写真集(笑)私がショーの間ずっとかっこいいとかすごいとか言っていたからなのか、わざわざ買って送ってくれたみたいです。お礼の電話をすると、これをきっかけに興味を持ってもらえたら嬉しいといわれたので、それは要検案事項ですねえと返しておきました(笑)
知らないものに触れるのは、もちろん大好きです。自分の狭い世界の中だけで生きていくのはつまらないですから、どんどん世界を広げていろんなことを知ってチャレンジしていきたい!叶うかどうかは別として、いつかブルーインパルスに乗ってみたいなあ~。もちろん、飛ばなくていいのでタキシングくらい味わえたらいいなあなんて思ってます。

眠れない夜にオススメの安眠方法

時々、夜寝付けないときがあります。ぐっと冷え込んだ夜だったり、熱帯夜だったり、気温が関係あるのかなあと思うんですけど、熱くても寒くても眠れるときは眠れるし、きっと気持ちの問題なんだろうなあと思ってます。そういう時、前だったら「寝なくちゃ寝なくちゃ」と思いすぎてしまって、かえって眠れなくなってしまうことが多かったんですが、最近は眠れないなあと思ってもちゃんと眠れるようになりました。
というのも、寝つきが良くなる方法を見つけたからなのです。それは、絵本を読むこと。眠れないときには気分転換をすると良いとテレビか何かで言っていたので、最初は小説を読むようにしていたんです。でも、そうすると続きが気になってしまって逆に眠れない!となってしまうので、簡単に最後まで読めて、ほっこりした気持ちになれるものがいいかな、と思ったのです。
絵本って、話の筋も優しいし、文字も大きいし絵が温かい暖色で描かれていることも多いので安心感を与えてくれるんですよね。読んでいるというよりは、眺めている、という感じのほうが正しいのかもしれませんが、それでも眺めているうちにだんだん眠くなってきて、気がついたら朝になっています。時々、夢の中でお話の続きを読んでいることもあったりして、自分でもおかしくなってしまいます。
眠れないと思っている方、本屋さんで自分に合う一冊を探してみてはいかがでしょう?

初めてのチュウは?

某アニメの歌じゃないですけど、初めてのキスの事って、覚えていますか?私は、正直いつだっけ…どれだっけ…というような状態。だって、もうはるか彼方、記憶の果てに追いやられてしまった過去なんですもん。
なぜこんな話になったかと言うと、たまたま友達が貸してくれた本の中に、中学生が主人公の学園恋愛モノがあったんです。なんでこんな本?と思ったんですが、最近疲れている私に甘酸っぱい気持ちを思い出してほしかったんだとか…。大きなお世話と言えば大きなお世話(笑)でもありがたく読んでみることに。
読みだしてしまえばすっかりハマってしまって、ボロボロ泣きながら二人の恋の行方を見守っていました。その物語の中に、キスシーンがあったんですよね。いわゆる初めてのチュウです。ものすごくドキドキして、たった一瞬、触れ合うだけのキスなのに涙が出るくらい切なくて、ああ、こういうの最近ないなあって。最近どころか、私の初めてっていつだっけ?とふと疑問に思って冒頭です。きっと、この主人公たちみたいにその時は心臓が破裂するくらいドキドキして苦しくなったんだろうなあって思うんですけど、今となってはもう記憶にすらないという悲しい状態です。脳みそのトレーニングも必要そうですね(笑)

失恋の特効薬

先月、高校時代の友達から連絡があって、失恋してしまったと泣きつかれました。相手の彼のひどいところを聞いていて、最初は私も怒ったり呆れたりしていたんですが、さすがに毎日電話が来て同じ話の繰り返しだったのでかわいそうだとは思いつつちょっと疲れてしまいました。でも、あまりの嘆きぶりに「毎日は迷惑だから」とどうしても言えなかったので、「傷ついた時に読むと良い本があるから、送るね。読んだら感想を教えてね」と手紙付きで恋愛小説を一冊送ったのです。その本は、かつて私が大失恋をしたときに読んで、たくさん泣いたらスッキリできた本だったんです。
友達もそれを読んでくれたらしく、ものすごく泣いて、彼以外の事で泣いていたら彼のことがどうでもよく思えてきた。と感想を教えてくれました。他にも何か面白い本があれば紹介してほしいと言われたので、私のおすすめの作家さんの名前を教えておきました。それからひと月あまり経って、彼女は立派な本の虫に(笑)昨日も連絡が来たんですが、「この作家さんの作品読んだことある?」という質問でした。ひとしきりその作家さんの作品について語り合えて、私としても思わぬところで良い読書友達ができてうれしいです。
一つの事にしがみついてしまうと悲しい気持ちから抜け出すことはいつまでたってもできないですよね。かと言って、無理やり明るい気持ちにするというのは難しい。なので、同じ悲しいという気持ちで、他の悲しいことを作るのが良いと思うんですよね。

健康方法は人それぞれ?

先日病院の待合室に置いてあった健康雑誌で読んだんですが、人の理想的な睡眠時間は7時間だそうです。それより長くても短くても、健康のためにはならないんだとか。私はいつも8時間くらい寝ているので、ちょっと寝すぎと言う事かあなんて思いながら読んでいました。
その話を昨日友人にしたところ、「そんなものは個人差があるに決まっている!」と笑われてしまいました。確かに、人の体なんていうのは誰も同じではないので、しゃくし定規にこれだけの時間寝てください!これをこの量必ず食べていれば絶対健康です!なんていうものは無いんでしょうね。あくまで目安、あくまで平均の話としてとらえたほうが良いと言われて、なるほどと思ってしまいました。
そんな友達は、睡眠時間は4時間もあれば充分らしいです。人に勧める気はないけれど、私には合ってるのよ~と笑う顔を見て、何でもしゃくし定規に捉えがちな自分が恥ずかしく思えました。4時間だけの睡眠となるとかなり時間が自由になるので、読書をしたり、絵をかいたりと趣味の時間の枠が広がるんだそうです。特に夜や早朝の時間帯は家族や近隣の方に迷惑になら無いように、一人で静かに打ち込める趣味を楽しんでいるそうです。そういう生活も、ちょっとうらやましいなあ。

読書嫌いを直す方法

最近友達が携帯小説にハマっているようです。とはいえ勧めたのは私なんですけど(笑)
友達はもともと本を読んだりじっと何か一つのことをするのが苦手なタイプなんです。小学生時代の夏休み等の読書感想文は、ななめ読みで内容を拾っていたそうです。それもすごいなあと思うんですが…。でも、本を読めないのってつらいですよね。ななめ読みで済むものであればいいですけど、ビジネス書なんかはそういうわけにはいかないですからね。彼女は、「社会人になれば本を読む機会なんて減るからいいや」と思っていたらしいんですが、ここへきて仕事の関係で本を読んでおけばよかった、本を読めた方が良いと思う事がたくさんあったんだそうです。それで、本を読めるようになりたいんだけど、と相談を受けたのが先月の事でした。
最初はおすすめの本を見繕って渡そうと思っていたんですが、そもそも本を開くと頭痛がすると豪語していた人なので、本と言う形を取っていないほうが良いんじゃないかと思って勧めたのが携帯小説なんです。いくつか覗いていたサイトがあったので教えてあげたら、その作戦が大成功。最初は完結したもので短いものばかりを読んでいたらしいんですが、すっかりハマってしまって最近は連載中のものもチェックしているんだとか。今では携帯小説の作家さんに関しては彼女の方が詳しいくらいです。文字に対する苦手意識が減ってきたので、本もちょっと興味が出てきたよ、とのことだったので、ショートショートをまとめた文庫でも貸してあげようかなと思っています。

色んな物が詰まった豪華なショー

この間彼氏とちょっとしたエンターテイメントショーを観に行って来ました。すっごく楽しみにしていたので前日はなかなか眠れず、やや寝不足で当日を迎えてしまったので、ショーの途中で居眠りしてしまわないか不安でしたが、そんな心配は無用で最後まで夢中に楽しむことが出来ました。はじめから鳥肌が立ちっぱなしで、あまりにも感動してしまいポロポロと泣いてしまう始末。隣にいた彼氏も目がウルウルしていました。もう音楽も衣装も装飾も何もかもが綺麗で、笑いあり涙あり驚きありであっという間でした。
入場する時にパンフレットのような冊子を頂いたんですが、これが無料で頂けるものとは思えない程豪華でとっても嬉しかったです。物販も僅かですが販売していて、記念にポストカードが欲しいなぁと思っていたんですが、頂いた冊子にカラーでショーの写真がいくつも載っていたので、それで満足してしまいました。音楽がとっても良かったのでサウンドトラックCDだけ買って来ました。このCDの歌詞カードも写真が満載で大満足。また来年も公演されるようだったら絶対に行こうと彼氏と約束しちゃいました。もう既に今から楽しみです。それまではCDを聴きながらショーを思い出して、しばらく余韻に浸っていたいと思います。

自分の為だけだとやっぱり適当に

最近またなまけ病が発病してしまっている私です。私はお茶も珈琲も大好きなので、出掛け先でよく見つけてはついつい買ってしまうんです。そのせいで家には沢山の珈琲や茶葉がストックされているんですが、それらを使って飲み物を淹れるのすら面倒臭いなぁと思ってしまう始末。ハマっていた時はわざわざ紅茶の本やら珈琲の本やらを図書館で借りてきてまで勉強したのに、そのゴールデンルールでお茶を淹れるのが面倒…ポットやカップを温めたり。そもそも湯を沸かす事すら億劫に思う事が多くて、ついついコンビニでペットボトルの飲料を買ってしまいがちになっています。特に、今日は帰ったらゆっくり小説を読むぞ!と決めている時です。本当はお気に入りのカップを使って美味しいお茶を飲みながら、カフェで本を読む読書家を気取りたいのですが、美味しい珈琲やお茶を淹れるのってゆっくりと時間をかけて抽出しなければいけないので、その時間がそわそわしてしまうんですよね。淹れている時間に読み始めるのもなんだか落ち着かないし、でもぼーっと抽出されている時間を過ごすのも勿体無いし…。本格的にするのは好きなんですが、自分の性格上向いていないなぁって思ったりします。でもお友達が遊びに来たりした時は張り切っちゃうんですけどね。

大切な人が居ますか?

あなたには、大切な人が居ますか?これは、私が大好きなある本の書き出しです。私がその本を読んだとき、私には大切な人と思える人がいませんでした。正確には、居たんですけど、大切な人というより、好きな人、好きな友達程度で、「大切な人」という表現が私にははまらない感じがしたんです。それでも、その本はとても素敵な内容で読んでいて勉強にもなりましたし、大好きな本なんですが…。その本を初めて読んでからもう10年近く経ちますが、最近やっと、「大切な人」という表現がわかるようになりました。友達であったり、恋人であったり、とても大切な人が私の周りにはいまたくさん居るからなんです。その人たちの事を考えると、好きという気持ちや言葉だけでは片付けられない、もっともっとたくさんの気持ちがあふれてきてしまいます。そういう気持ちを持つことが出来たのも、その人たちが私の事を大切にしてくれているからなんだと思っています。本当にいい友達に恵まれて、大好きな人にも出会えて、その人からも大切にしてもらえて、なんて幸せなんだろう。人の気持ちって、伝染するんですよね。私も、また別の誰かにこの「大切な人」という感覚を伝えていけたら良いな。